サイトマップ

車を買う際に役立つマイカーローン

車を購入する時の強い味方として、マイカーローンがあります。車の買い替えのきっかけは様々です。新しい車種に魅力を感じたからという人もいますが、実際に多いのは、故障した、車検が切れた、ライフスタイルが変わった等、必要に応じて買い替える人の方が多いのではないでしょうか。

 

 

例えば今乗っている車がエンジントラブルで、修理には高額な費用がかかるとします。もうすぐ車検も切れるし、8年も乗っているし、この機会に乗り換えよう、と考えたとします。その時に、新車の乗り出し価格が300万円だとして、ポンと現金で払うでしょうか。

 

そもそも乗り換えの為に貯金をしていたならともかく、300万円をせっかくの機会だからとポンと払う人の方が少数派でしょう。

 

そのハードルを下げてくれるのがマイカーローンです。ローンでの支払いなら、数百万円の買い物も毎月数万円の負担で、その場で新車に乗り換えができます。マイカー購入に数百万円かかると言われても、マイカーローンがあれば購入が可能です。

 

ただし、最近はマイカーローンでの購入ができない人が増えてきています。もしかしたら、自分もその問題に直面せざるを得ない可能性があります。

 

マイカーローンの審査

マイカーローンは、申込めば誰でもローン契約が結べるわけではありません。マイカーローン申込み時には審査があります。返済能力がないと見なされてしまうと、マイカーローンは組めません。

 

とはいえ、マイカーローンの審査を気にしている人は、それ程多くはありませんでした。普通に働いていて、収入があれば、マイカーローンの審査はそれ程厳しいものではないからです。

 

しかし最近、意外な理由でマイカーローンの審査に落ちる人もいます。しかもそれは、収入が少ないとか雇用形態が派遣だからとかいった理由ではありません。自宅から手軽に来店不要のマイカーローン申し込みができるようになった時代だからこそ、意外な理由での審査落ちには注意をしておきたいのです。

 

信用情報で審査に落ちる

マイカーローンの審査は正社員でない、派遣社員などでも受けられます、非正規雇用であっても安定した収入があれば、マイカーローンの審査には通ります。マイカーローンの場合、年収の目安としては200万円以上、勤続年数は1年以上あれば、安定していると見なされる傾向はあります。フルタイムで働いていれば、派遣社員であってもそれ程ハードルが高いものでもありません。

 

ただし、信用情報に問題がある場合、審査に落ちる可能性があるので注意が必要です。信用情報とは、過去から現在までの各種ローンなどの契約や支払情報の履歴です。例えばカードローンで限度額いっぱいまで借りてしまっていたり、未払いや支払遅れの履歴が残って居たりした場合、それが原因で審査に通らない可能性があります。

 

信用情報で審査に落ちるのは、最近に始まったものではありません。しかし、特に最近増えている要因が2つあります。

 

意外な理由で審査に落ちるケース

最近マイカーローンの審査落ちで増えているものの1つが携帯料金の支払い遅れです。携帯料金には携帯端末の分割支払金が含まれている人が多く、支払いが遅れると、分割支払いの遅れが信用情報に履歴として残ります。携帯料金の支払いが遅れていて審査に落ちるというケースが増えているので、注意が必要です。

 

また、最近は通販で買い物をする人も多いです。通販の場合、支払方法が選べますが、後払いで期日までに支払いをしなかった場合、これも審査に落ちてしまう原因となります。こちらも注意が必要です。

 

これらの信用情報が与える影響についてですが、現在未納がある場合には、審査は厳しくなります。もしも携帯料金や通販の支払いで未納があるなら、必ず支払いを済ませておきましょう。また、過去に度々支払いの遅れがある場合にも審査に落ちる可能性があります。普段から支払い関連には注意しておきましょう。

 

マイカーローンは銀行などの金融機関の商品が利用できれば、低金利で資金使途も幅広くなるので何かと便利です。新車だけでなく中古車のマイカーローンとしても使えるようになっているため、つまらない理由で審査落ちとならないようにマイカーローンの申し込みを進めてください。